経営の
にかかって
いませんか?
“金融は企業の血液”など、経営を人体に例えたわかりやすい研修です
消費税率引き上げ・軽減税率導入でも成長し続ける会社の経営力強化講座

 2019年10月消費税10%引き上げと同時に軽減税率導入が予定されていることから、事業規模にかかわらず現状の経営課題を解決し強い会社体質を築き上げていく事が、より一層重要になってきます。企業は人と同じように、放っておくと様々な病(経営問題)を抱えてしまいます。早期に発見・対処すればリスクを少なく健全な状態を維持することができます。気づかないまま、見て見ぬフリのままでは、いずれ大手術(経営再生)が必要になってしまうかもしれません。
 本講座では経営において陥りやすい問題点を「人体の病」に例えてわかりやすく解説し、消費税率引き上げ・軽減税率導入時代にも負けない経営体質つくるためのノウハウを解説致します。この機会に是非、“受診”をおススメいたします。

講 師
川村 浩司(かわむら こうじ)
川村中小企業診断士事務所 代表
中小企業診断士

平成5年:(株)千葉興業銀行に入行し5年間従事。その間、融資及び融資渉外として千葉県内店舗及び東京都内の店舗に勤務する。平成10年:食品包装資材問屋(業界内2位ピーク時年商約280億)に勤務。新規事業・営業企画・財務に従事。最終的には管理本部財務担当執行役員として財務及び債権管理全般について行う。平成21年退社、独立し現在に至る。

日 時 平成30年14日(金)
  13:30〜15:30

場 所 ホテルアミューズ富岡 2階
(富岡市富岡245−1)

定 員 30名(先着順)
(※定員に達し次第、締め切らせていただきます)


受講料 無 料(会員・非会員問わず)

受診カルテ(講座内容)
1.消費税引上げと軽減税率制度概要
2.「人」の問題
3.企業の陥る病
4.病に至るプロセス
5.経営のタイプ
6.金融機関との付き合い方

かかりやすい経営の症例
製品・市場
・マーケティング不在症
・利幅欠乏症
・成り行き任せ営業症
・ブランド過信症
・アイテム肥大症
・製品陳腐化症

トップマネジメント・統合機能
・心配不眠症
・失敗後遺症
・環境変化不感症
・思考力停止症
・トップが過去のトラウマなどから勇気ある決断ができない

ビジョン・経営理念
・近視(短期的業績志向)
・斜視(あきらめ体質)
・陳腐化症候群(長年の目標未達成や過大すぎる目標)

販売力・生産力
・ノルマ性下痢
・マンネリズム
・老朽化

新規事業開発・技術力
・顧客ニーズ鈍感症
・開発健忘症
・過去の成功体験から…

【お申込み方法】

必要事項をご記載の上、下記メールアドレスへメールにてお申し込みください。
※ご記載いただいた情報は、商工会議所からの各種連絡・情報提供のために利用するほか、セミナー参加者の実態調査・分析のために利用することがあります。

必要事項
事業所名 所在地
TEL FAX
受講者氏名(複数のご参加可能)

info@tomiokacci.or.jp メール

主催 富岡商工会議所